ビジネス向け共用サーバーランキング

WADAX 共用サーバー
ビジネス用の共用サーバーならWADAXがおすすめ!
豊富なプラン・高い快適性・高いセキュリティーなどが特長です
顧客情報を扱うビジネスサイトには特におすすめ! >> 詳しくはこちら

さくらのレンタルサーバ
個人にも法人にも人気のレンタルサーバーです
特に「ビジネスプラン」や「ビジネスプロプラン」がおすすめ!
小規模ビジネスサイトなら下位プランでも使えます >> 詳しくはこちら

エックスサーバー
100GB・200GB・400GBのプランが用意されている大容量サーバー!
データベース(MySQL)も30個、もしくは50個とこちらも充実しています
今なら独自ドメイン永久無料キャンペーン中! >> 詳しくはこちら

その他の共用サーバー

ミニバードミニバード テキストタグ
月額263円という安さが魅力。小規模ビジネスサイトには高いコストパフォーマンスが望めます。

使えるねっと使えるねっと テキストタグ
ビジネスに対応した2つのプランを提供。「ビジネス・プロ」プランがおすすめ。

プレミアエクスビットプレミアエクスビット テキストタグ
「エクスビット」というレンタルサーバーの上位版。ディスク容量に満足ならおすすめ。

エイブルネットエイブルネット テキストタグ
15年以上の運営実績がある老舗レンタルサーバー。独自ドメイン永久無料サービスも魅力。

共用サーバーとは?

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数の契約者で共用するレンタルサーバーです。 最も一般的なレンタルサーバーで多くの場合は共用サーバーを利用します。 低価格&高品質が特長で上記のTOP3は特におすすめです。 その理由はビジネスに必要な要素がしっかりと備わっているからです。

  • ディスク容量
  • 稼働率
  • サーバーの性能
  • サポート
  • セキュリティー

ディスク容量は画像や動画などの大容量ファイルを多く扱うサイトは重視したい点です。 ディスク容量が大きいほど余裕が持てます。もし満杯まで使ってしまうとサーバー変更などの面倒な作業に追われてしまいます。 予め自社サイトがどれほどの容量を必要としているのか見積もっておきましょう。

稼働率はサーバーが稼働している割合を示す数値です。 この数値は公表をしているレンタルサーバーと、していないレンタルサーバーがあります。 公表をしていないから稼働率が悪いとは言えませんが、やはり公表をしていてその数値が高ければ安心が出来ます。 「稼働率99.9%以上」となっていれば1年間でのサーバー停止は0.1%です。時間に換算すると「1年間で約9時間サーバーが停止」という事になります。 逆に言えばそれ以外は正常に稼働しているという事です。

サーバーの性能も契約前にチェックしておきましょう。 この点は各社で大きく異なります。 「データベースは何個使えるか」「使いたいプログラムは使えるか」など希望に沿っているか確かめ、自社サイトに合ったレンタルサーバーを選びましょう。

サポートは迅速な問題解決を求めるなら重視したい点です。 「サーバーの設定方法」や「管理画面の操作方法」など様々な問題解決には充実したサポートが欠かせません。 上記TOP3は電話サポートがあるので迅速な解決が望めます。

セキュリティーは特に顧客情報を扱うビジネスサイトは重視したい点です。 近年はネット犯罪やサイバー攻撃の被害が多く報告されています。 もし自社サイトが攻撃を受けて顧客情報が盗まれれば信頼を大きく失います。 顧客情報を扱うビジネスサイトはそのような被害に備えて高いセキュリティーのレンタルサーバーがおすすめです。 当サイトではWADAXをおすすめしています。

なお共用サーバーの数はとても多く、専用サーバーやVPSを大きく上回ります。その他の共用サーバーも検討したい方は規模や条件でレンタルサーバーを比較してみてください。規模は「小規模・中規模・大規模」に分けられており、条件は「初心者・格安・大容量・ネットショップ」に分けられています。その他に「レンタルサーバーの選び方」や「ホームページ公開手順」なども解説されています。

ビジネス向け専用サーバーランキング

WADAX 専用サーバー
ビジネス用の専用サーバーもWADAXがおすすめ!
サービス内容・サポート・セキュリティーなど全てが充実しています
目的やスキルに合わせて最適なプランが選べます >> 詳しくはこちら

GMOクラウド専用サーバー
14年以上の運営実績がある専用サーバーです
必要なものだけを選んで使える「マネージドサービス」が特長
最適なサーバー構築を実現します >> 詳しくはこちら

マイティーサーバー
初期費用0円・月額9,800円が魅力の専用サーバーです
開発用・検証用など幅広い用途に使えます
1ヶ月単位で使える点も魅力! >> 詳しくはこちら

その他の専用サーバー

ブルーボックスblue Box
初期費用0円・月額4,375円から利用可能。開発用などにおすすめ。

FutureWeb ProFutureWeb Pro テキストタグ
全プランがハイスペック。中国での利用はFutureWeb Pro CHINAがおすすめ。FutureWeb Pro CHINA テキストタグ

CPICPI テキストタグ
KDDIウェブコミュニケーションズ運営の専用サーバー。官公庁・著名企業の運営実績もあり。

専用サーバーとは?

専用サーバーとは、1台のサーバーを独占して使えるレンタルサーバーです。 快適性・拡張性に優れているのでハイレベルなサイト構築には専用サーバーが適しています。 当サイトではおすすめの専用サーバー6社を挙げました。 その中でも上位3社は特におすすめです。

月額は共用サーバーと比べると格段に上がります。 これは1台のサーバーを独占しているためです。 月額は各社で大きく異なるので慎重に選びましょう。

また、専用サーバーを使いこなすにはスキルが求められます。 ただし自社に技術者がいなくても「マネージドサービス」を使えば問題はありません。 マネージドサービスは技術的な事を専用サーバー側にお任せするサービスです。 マネージドサービスを提供していない専用サーバーもあるので契約前に確認をしてください。

ビジネス向けVPSランキング

さくらのVPS
初心者から上級者まで対応している豊富なプランが特長です
1番人気は「2G」プランでバランスが良いサービス内容が魅力!
全プランで2週間の無料お試し期間があります >> 詳しくはこちら

ラピッドサイト
官公庁や金融機関なども利用している老舗のVPSです
プランは「国内データセンター」と「海外データセンター」から選べます
無料お試し&返金保証付き! >> 詳しくはこちら

サーバークイーン
格安VPSをお求めならサーバークイーンがおすすめです
「VPS Linux」は全VPSの中でも最安級!
キャンペーンも頻繁に開催しています >> 詳しくはこちら

その他のVPS

使えるねっと
10年以上の販売実績を誇るVPS。無料お試し&返金保証付き。

WebARENAWebARENA テキストタグ
NTTPCコミュニケーションズ運営のVPS。ドメイン取得サービス「名づけてねっと」とも連携。

ServersMan@VPSServersMan@VPS テキストタグ
サーバークイーンと同様に最安級のVPS。月額500円以下で利用可能。

VPSとは?

VPSとは、仮想専用サーバーの事を指します。 実質は共用サーバーなのですが、専用サーバーのようなパフォーマンスを得られます。 価格は専用サーバーよりも安いです。 そのため「共用サーバーより高機能で、専用サーバーより安いレンタルサーバーが良い」という方に最適です。

上記のランキングでは「さくらのVPS」を第1位にしました。 さくらのVPSはプランが豊富でサービス内容も充実しています。 最高で「ディスク容量800GB・メモリ8GB」という仕様です。 第2位以降のVPSも各社に特長があります。 自社に合うVPSを探してみてください。

共用サーバーランキング
1番おすすめの共用サーバー!高いセキュリティーで顧客情報を守る!
豊富なプランで様々なタイプのビジネスサイトに対応!
大容量を求めるならココ!最大で400GBまで使える!
専用サーバーランキング
共用サーバーと同じく専用サーバーもWADAXがおすすめ!
格安プランから高機能プランまで幅広いプランを提供!
初期費用0円・月額9,800円の格安プランが魅力!
VPSランキング
プランが豊富なので自社に合うVPSが見つかる!
官公庁や金融機関なども利用している老舗のVPS!
格安のVPSを求めるならココ!初心者におすすめです!

Copyright© 2013 ビジネス向けレンタルサーバー比較 All Rights Reserved.